VPNプロトコル

VPNプロトコルは、安定した安全な接続を確立するためにVPNサーバーとVPNクライアント間で交わされる命令とプロセスの一式です。本質的に、VPNプロトコルは暗号化標準と転送プロトコルを組み合わせたものです。

VPNプロトコルとは?

VPNプロトコルは重要であり、オンライン通信に安全性と速度をもたらすものです。速度とセキュリティのどちらがもたらされるのかは、現在使用しているVPNプロトコルによって異なります。また、オンライントラフィックが通過できるトンネルとして動作します。トンネルには安全なものもあれば、優れたストリーミング速度を提供するものもあります。

利用可能なプロトコルには多くの種類があり、それぞれの長所と機能は異なっています。モバイルデバイスに対応したプロトコルもあれば、Wi-Fiルーターにもインストールできるプロトコルもあります。インターネットプロトコルのセキュリティを向上させるものもあります。最高のブラウジング体験を得るには、VPNプロトコルを選択することが重要です。

PPTP vs L2TP vs OpenVPN vs IKEv2 vs SSTP

ニーズに合った最適なVPNプロトコルを選択することは確かに悩ましいですが、必要なことでもあります。VPNプロトコルには2種類が存在します。1つはセキュリティに効果的なもので、もう1つはストリーミング速度を向上させるものです。ただし、両方のメリットを提供できるものは存在しません。

優れたセキュリティを提供するVPNプロトコルでは、ブラウジングの速度が遅くなります。この動作を理解するには、VPNプロトコルをトンネルとして考える必要があります。暗号化などのセキュリティ機能を追加すると、トンネルは狭くなります。データの各パケットは、インターネットに送信される前に最初に暗号化されます。

速度に優れたVPNプロトコルの場合、セキュリティ機能は提供されません。これらのトンネルはより広く、データパケットが通りやすいからです。したがって、優れたストリーミング速度を得ることができます。

混乱を避けるため、次の表を掲載しています。ここでは、さまざまなVPNプロトコルを徹底的に比較しています。

プロトコル 速度 メディアストリーミング
PPTP 高速 好適
L2TP/IPSec 高速 好適
IKEv2/IPSec 高速 好適
OpenVPN TCP 普通 普通
OpenVPN UDP 高速 好適
SSTP 普通 普通
fastest vpn protocol

ストリーミングとゲーム向けの最速のVPNプロトコル

接続速度は、VPNプロトコルが提供するセキュリティと密接に関連しています。結局のところ、高度な暗号化には多くの処理能力だけではなく、時間も必要になります。その結果、パフォーマンスが低下します。

高速でストリーミングしたい場合、暗号化強度が弱いPPTPが最速のVPNプロトコルとなります。L2TPとIKEv2も高速ですが、OpenVPNとSSTPは他のVPNプロトコルよりも低速です。 優勝者: PPTP

Most Secure vpn protocol

すべてのデバイスで最も安全なVPNプロトコル

セキュリティについていえば、PPTPは決して安全ではありません。また、オンラインの安全を維持する場合は最後に選ぶべきVPNプロトコルとなります。IKEv2とL2TPはデータを2回カプセル化するため、より安全です。

OpenVPNは最も安全なVPNプロトコルです。このプロトコルは最高レベルの暗号化を提供し、認証にデジタル証明書を使用します。SSTPにも強力なセキュリティが備わっていますが、Windowsオペレーティングシステムでしか使用できません。 優勝者: OpenVPN

best vpn protocol

P2Pファイル共有に最適なVPNプロトコル

ダウンロードの際には、優れたセキュリティと速度を提供するプロトコルを使用してください。PPTPは最速のプロトコルですが、128ビット暗号化を使用しているため、セキュリティが不足しています。

L2TPとIKEv2はいずれもIPSecによる256ビット暗号化を使用します。ただし、L2TPは速度の面では遅れをとっており、後者は古いプラットフォームではサポートされていません。OpenVPNはPPTPやIKEv2ほど高速ではありませんが、それでも高速な通信と最高のセキュリティを提供しています。また、256ビット暗号化のおかげでP2Pファイル共有に最適なVPNプロトコルとなっています。優勝者: OpenVPN

VPNプロトコルの説明

PureVPNはあなたの代わりに最適なVPNプロトコルを選択し、安全で迅速な接続を提供します。ただし、ユーザーは必要に応じてVPNプロトコルを選択することもできます。サポート対象の各種VPNトンネリングプロトコルの詳細をご覧ください。

PPTP

  • PPTP - Point-to-Point Tunneling Protocol
  • PPTPでは基本的な暗号化が行われ、セキュリティが低いため、はるかに高速に接続することができます。また、ほとんどのプラットフォームをサポートしており、設定が簡単です。ただし、セキュリティがまったく重要でない限りはお勧めしません。

    L2TP

  • L2TP- Layer 2 Tunneling Protocol
  • L2TPは強力な認証機構を提供しないため、セキュリティを確保するためにIPSecと共に使用されます。一部のファイアウォールでは苦労する可能性がありますが、OpenVPNプロトコルの優れた代替手段となります。また、最新のプラットフォームをすべてサポートし、ISPやネットワークの制限を回避できます。

    SSTP

  • SSTP- Secure Socket Tunneling Protocol
  • Microsoft社独自のSSTPは、Windows、FreeBSD、およびLinuxでのみ使用でき、監査することはできません。いずれにしても、このプロトコルは最も安全なVPNプロトコルの1つであり、ほとんどのファイアウォールをバイパスする機能を備えています。

    OpenVPN

  • OPENVPN
  • 高速な性能と最高レベルの暗号化を兼ね備えたOpenVPNは、一般的に好まれるプロトコルです。このオープンソースソリューションは設定を変更可能であり、どのポートでも実行できます。その結果、ほとんどのISPやネットワークの制限とファイアウォールを突破できます。

    IKEv2

  • IKEv2- Internet Key Exchange
  • IKEv2はIPSecフレームワークに基づいた、最新かつ高度なVPNプロトコルです。Cisco社とMicrosoft社が共同開発したこのプロトコルは高速で安定しており、安全で、セットアップが非常に簡単です。しかし、古いプラットフォームに対するサポートは不十分です。

    ウェブ上には複数のVPNサービスが存在します。豊富なセキュリティ機能を提供しているものもあれば、多数のIPアドレスを提供することでオンラインでの自由度を高めているものもあります。PureVPN以外に両方のメリットを提供しているものはありません。

    このサービスは、スマートフォン、PC、Mac、ルーターなど、あらゆるデバイスのクライアントを提供しています。また、最速の通信速度を実現しています。さらに、VPN接続を介して140か国にある2,000台以上のサーバーと接続できます。インターネットを最大限に活用するには、PureVPNを選択するのが最適です!

    PureVPN を入手 31日間の返金保証

    よくある質問

    基本的なVPNの種類には次の3つがあります。

    拠点間VPN

    ルーター間VPNとも呼ばれる拠点間VPNを使用すると、複数の場所にあるオフィス同士を安全に接続できます。
    リモートアクセスVPN

    リモートアクセスVPNを使用すると、ユーザーは企業ネットワークまたはホームネットワークに安全に接続し、遠隔地からリソースにアクセスできます。
    クライアントベースのVPN

    クライアントベースのVPNは、通常はアプリケーションを使用してユーザーとリモートサーバー間のプライベート接続を確立します。
    問題が発生している場合は、ファイアウォール設定から次の例外を作成する必要があります。

    PPTP VPN: 両方のポートを開く 1723 UDP/TCP.
    SSTP VPN: 両方のポートを開く 1701 UDP/TCP.
    OpenVPN: オープンポー 53 にとって UDP そして 港80 にとって TCP.
    L2TP VPN: 両方のポートを開く 1701 UDP/TCP